コーティング、研磨、洗車の達人!GANBASS店長セカンドブログ!

メインブログでは書けない事を自由に書きます☆

Q&A!コーティング塗り込みスポンジへのご質問へのご回答

【コーティング塗り込みスポンジへの良くある質問】

年末に販売を開始してから、非常に大きな反響があり、同時に多数のご質問を頂きましたので下記にて実際に頂きましたご質問をQ&Aにてご回答をさせて頂きます。

 

ganbass.net

 

 

 

 Q1:硬化系を施工する場合、必ずこの製品を使用した方がいいですか?

 

A1:可能な限り本製品の使用をお勧め致します。

下手な営業になってしまうので簡単なご案内は出来るだけ避けたくは御座いますが、商品説明に記載の通り、かなり特徴が明確な製品となっており、良い仕上がりを求めるのであれば本製品をご使用頂く事をお勧めしたい製品でも御座います。

 

特に硬化系初心者の方は硬化系によくある失敗からのリカバリーが困難になる場合も御座います事から、強制してでも使って頂きたいのが本音で御座います。

 

 

 

Q2:湿式施工のオーバーコーティング剤に使用出来ますか?

 

A2:使用出来ません。

本製品は、硬化系コーティング剤への使用を前提に作られた製品となります。

特にAVELLシリーズジャストリーであるシャバシャバ系の硬化系との相性は最高となります。

 

また、乾式であればオーバーコーティング剤でもご使用頂けます。

 

尚、湿式施工コーティング剤でも無理矢理であれば使用する事も出来ない訳では御座いませんが、湿式施工コーティング剤の場合はマイクロファイバークロスでの施工の方が水滴吸収効率の観点、そして湿式施工コーティング剤の特性の観点から総じてベストとなります。

 

 

 

Q3:使い捨てですか?

 

A3:硬化系施工の場合、基本的に使い捨てとなります。

 これはマイクロファイバークロスでも同じとなりますが、硬化系の塗り込みに使用した場合、基本的に必ず使い捨てとなります。

一部、IPA等で再利用の手法も御座いますが、完全に綺麗に落ちない場合等もあり大変危険な場合が御座います。

また、材質の変化の可能性もあります事も含めてお勧め出来ません。

硬化系の場合は使い捨てにてご使用下さい。

 

その他、乾式施工のオーバーコートの場合、スポンジが汚れていないのであれば、また、コート剤成分が硬くなったり等の変質が無いのであれば再利用する事も可能です。

 

ただし、洗剤の種類等によっては、洗ってしまうと場合によっては繊維の風合い、そして接着に問題が出る可能性も御座います事から、再利用の保証は致しかねます。

自己責任で洗う場合、柔軟剤、漂白剤はご使用頂けません。また、陰干しとなります。

 

尚、基本的に本製品は商品説明の通り、コーティングをリスクなく綺麗に施工出来る事を最大の目的としております為、再利用等で発生するリスクを考えると、本製品のコンセプトから外れてしまう可能性が高くなります。

 

再利用に関しましては必ず使用に問題無いかをしっかり確認し、目立たない箇所にてマッチングテストを行った上で自己責任の範囲において行って頂けますようお願い申し上げます。

 

 

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
GANBASSメインブログ
http://d.hatena.ne.jp/tktktaka/
カーコーティング専門店GANBASS実店舗HP
http://ganbass.com/
洗車用品専門店GANABASSショッピングサイト
http://ganbass.net/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆