コーティング、研磨、洗車の達人!GANBASS店長セカンドブログ!

メインブログでは書けない事を自由に書きます☆

純水最強説は本当か?のご回答&各種お知らせ

皆さんこんばんは☆

 

お知らせが御座いますのでお手数では御座いますがご確認をお願い申しあげます。

 

 

【発送が遅延しております】

日々沢山のご注文を下さいまして誠に有難う御座います。

 

現在、未だに年末年始の余波が収束していないにも関わらず、シーズンイン突入とのことで、ご注文が殺到しており、ご発送に大変な遅延が生じておりご迷惑をおかけしております。

 

今後、4月に向けて更にご注文が混みあうことが予想されますので、ご購入を予定されております場合、最低でも2週間程度はゆとりをもってご注文下さいますようお願い申しあげます。

現在ご発送まで2週間~3週間程度となっております。

 

尚、大変申し訳御座いませんが、即日発送は出来かねますのでお急ぎの場合、ご注意頂けますようお願い申しあげます。

 

 

 

【マニュアル購入者品の新商品】

毎年、少ない数では御座いますがマニュアル購入者品の充実を図って参りましたが、2019年度は更に充実をさせるべく、現在様々な新商品のラインナップを予定しております。

 

先ず、第一弾と致しまして、3月に第一弾の硬化系コーティング剤1種類。

その後、年内に硬化系数種類。

 

また、これまでご要望が多かった水垢落としシャンプーや、使い捨て皮膜硬化系や各種備品等々。

 

初心者にも使いやすいものから、PROが現場でこっそり使っていた製品等の販売を予定しております。

 

 その他、現在販売のトゥルーカラーズレベル1と2に関しましては本年度より他社様との専売契約の締結となった関係で販売は行いません。

他セッティングにて新しくリニューアル予定となります。

 

レベル3に関しましては引き続き販売をさせて頂きます。

通常一番使用頻度が高いのがレベル3となりますのでお勧めとなります。

 

 

 

【お問い合わせへのご返信について】

大変申し訳御座いません。

 

現在、下記記事に記載がある通り、ご質問が大変混み合っております関係により、ご回答まで最短でも6ヶ月~のお時間を頂いております。

www.ganbass-freestyle-blog.com

現在、2018年7月8月前後のお客のご質問のご回答を行っております。

 

他の業務の合間を縫いながら1日にご返信出来る件数と、頂けるご質問の数が釣り合わず、永遠に遅延解消が出来ません事から、大変心苦しい限りでは御座いますが、4月度よりメール遅延が解消されるまでの期間、ご購入者様以外のご質問の受付を停止させて頂く事となりました。

 

ご迷惑をお掛けして誠に申し訳御座いません。

 

雑なご回答が出来ない私の性格上、1通1通丁寧にご返信をさせて頂いております事、そしてそんな性格が故に、何ヶ月もお客様をお待たせをしてしまっている申し訳ないという気持ちにより、また、現在の心境としても大変心苦しく、誠に申し訳御座いませんが4月度より、遅延が解消されるまでの期間、新規お問い合わせを停止させて頂くことをお許し頂ければ幸いで御座います。

 

出来る限り早い再開を予定しておりますので今しばらくお待ち頂けます様お願い申しあげます。

 

繰り返しとなりますがご迷惑をお掛け致しまして申し訳御座いません。

 

 

以上、ご確認をお願い申しあげます。

 

 

 

 

 

 

 

さて、お正月以来まともにブログを書いておりません事から、少しだけお話が出来ればと思っているのですが先に私の近況をお話させて頂こうと思います。

 

あり難いことに年始から怒涛のご注文ラッシュとなり、年末年始の遅延に更なるターボがかかり、日々体力の限界に挑戦しているような状況であったとしても、仕事がある幸せを噛み締めながら比較的平和に日々を過ごしていたのですが。。。

 

何とこの忙殺期間中に家族の病気が発覚し、急遽手術をすると言う自体に見舞われてしまいました。

 

幸いにも転移は無かったとのことで、とりあえずは一安心ではあるものの、今後の生活にそれなりの支障が出る側面もあり。。。

 

昨年度も色々とあったのですが、他の家族が免許が無く、通院や日々の買い物すらままならなかったり、仕事を休め無い等。。。

 

面倒が見れるのが私ぐらいしかいないものですから、私としてはとうとう本格的に人生のこのゾーンに入ったか。。。

 

と心を痛めながらも色々考えさせられる日々でも御座いました。

 

しかしながら、そんな荒んだ心も研摩をして車を綺麗にしていると、痛んだ塗装が綺麗になると同じく痛んだ心もスッキリすると言う。。。

 

カーディテイルと言う破壊的な魔力に改めて感謝する事になり。。。

 

なんて楽しい仕事なんだ!!!

 

と1人ガレージで叫びだす!!

 

そんな危ない人間になりつつあるこの最近で御座いました。。。☆

 

正直、家族のピンチにも関わらずこんな楽しいという感情がムクムクと出てくる時点で私は人として何か欠落しているのではないだろうか。。。

 

と、ある意味で自分が心配ではあるのですが、本当にこんな素敵な仕事に出会えてよかったと心から再確認した次第です。。。☆

 

まぁ、実際のところ2017年に痛めた腕の関係で、現時点だと研磨機を握れる時間に制限がある事から、月に何度もない現場に立てる数少ない研摩だった事もあり、余計に楽しかったのだと思います。。。☆

 

本当は今年、忙しさが落ち着いたタイミングで私自身の手術を予定していたのですが。。。今年は難しいかもしれません(汗)

 

因みに、私と同じような境遇のお取引業者の方がいるのですが、とうとう手術に踏み切りつい先週に入庫。。。ではなく入院いたしました!

 

現在、術後の痛みと戦っているかと思われますが、職業柄、体を故障しやすいので作業前のストレッチ、また、鍛えておかなくてはならない筋肉や作業後のケア。

 

これらは長くこの仕事を健康に続ける上で非常に大事なことになってきます。

 

特にこの様な事、そしてこの仕事の命とも言える目の健康寿命は非常に大事であり、老眼も含めた目問題に関しては、仕上がりにコミットする事を最優先とする場合、残念なことにこの仕事は年齢によるピークパフォーマンスと言う言葉から逃れる事は出来ません。

 

私の場合、幸いにもまだ老眼は御座いませんが、何時老眼になってもおかしくない年齢でもありますし、これまで強烈な照明で酷使してきておりますのでどちらにしてもあまり時間的にゆとりがありません。

私の場合、講習等でご提案させて頂いております通り、塗装を更に正確に見る為、そして、照明設備から自分の目を守る上でのアイウエアシステムをオリジナルで完璧に組んでいる事がかなり業務の効率化と大きな目への負担軽減になっております。

 

だからこそ早く腕を完治させ、最高のパフォーマンスが出来るうちに自分にとって大切な人達の車に私の全てをつぎ込みたい。

 

そしてその後は第2の人生ではありませんが、如何に職人寿命を伸ばせるか&後世への教育等を新製品の開発等も含めて突き詰めていきたいと思っております☆

 

まぁそんな事を言っても生涯現役を豪語しておりますので死ぬまで現場にしがみつきますし、最後はガレージで死ぬつもりですのでまだまだ先は長いはずです!?☆

 

因みに、このような職人としての健康とパフォーマンスを維持する方法等は、現在PRO講習等でしかお話していないのですが、次期業者用洗車マニュアルには記載をする予定で御座いますので是非活用して頂きたいと思っております☆

 

 

 

さて、久しぶりのブログにも関わらずあまり明るい話ではない内容となってしまい申し訳御座いませんがこの申し訳なさついでにもう1つだけ言わせて頂きたいことが御座います。

 

これは昨年のこの記事で記載させて頂きました件と同じような事なのですが、現在、大変間違った情報が恐ろしい速度で拡散されております。

 

色々あるのですが、その中の1つとしてこんな質問がありました。

 

【純水での洗車が最強なんですか?】

 

と。

 

私には何を指して最強と言っているのか判断出来かねますと同時に、今回のメインネタにも関わらず冒頭からで申し訳御座いませんが、このご回答。

 

非常に残念なのですが、講習等のネタになりますので、この場で詳しい回答をする事は出来ません。

 

ですので半分投げかけとなりますが、簡単な諸情報と答えだけご回答をさせて頂きますが答えは。。。

 

 

【完全なるNO!!】

 

 

勿論、何に関して最強であるのか?

 

状況によっては最強と解釈することが出来る場面も御座いますが、カーディテイルの本質である、塗装の保護と言う観点において言うのであれば時として【純水は邪魔な存在】になります。

 

そして時として【純水は毒】にもなります。

邪魔な存在の事は理解出来たとしても、純水が何で毒になるか理解出来ている人はPROでも少ないかもしれません。

 

 

因みに、このお話。

 

検証をしっかりされているPROの方であれば当たり前のように知っていることですので、もし気になる場合、ご自身の中で信頼されておりますショップ様に聞いてみてください☆

このご質問、上記記載通り、当店では講習内容になりますので、ご質問頂きましてもご回答出来ませんので予めご了承下さい。尚、洗車マニュアルにこの内容の一部、そしてその一部を更にボカシた言い方になりますが入り口の部分の少しだけ記載をしております。

 

更に申し上げますと、カーディテイルの場合、と言う存在は非常に大事で、大きく結果が変わる重要なファクターとなります。

 

にも関わらず、水と言う存在をただ単に汚れを流す為だけの存在であったり、純水がデポを作りにくい為だけの存在で見ている場合。

 

申し訳ありませんが、全く理解が足りておりません。

 

よく考えて頂ければご理解頂けるかと思いますが、そんな大事なファクターがそんな単純な訳がありません。

 

水に不純物が無いからこそ出来ることと出来ないこと。

水に不純物が無いからこそ発生するメリットとデメリット。

 

逆に水に不純物があるからこそ出来る事と出来ないこと。

逆に水に不純物があるからこそ発生するメリットとデメリット。

 

そして、これを個々の塗装特性と求める結果によって状況によって使い分ける。

メンテナンス剤等も絡めて組み立てる。

 

これが私達本物のPROの仕事です。

 

 

因みの因みに、当店でも純水は普通に使用しておりますが、ケミカルや研磨剤のように状況に合わせて様々。。。

 

と言うほど膨大な種類がある訳では御座いませんが、複数の水を状況に合わせて使い分けて作業を行っております。

また水質だけではなく使用方法も数種類あり意外と複雑です。

 

 

そして、PRO目線で申し上げると水を変えるだけで仕上がりにそれなりの影響を与える大きなファクターとなりますので、正直なところ、DIYの作業環境の中で出来る事の限りがある場合やご自身の塗装の状態や求める結果が明確ではない場合。

使い分けが出来ないと効果は低くなります。

 

経済的ゆとりがあったり、安いコストで導入できるのであれば、年間を通じて、また状況によって使う機会は必ずどこかでありますしケミカルの希釈等も含めると導入される事をお勧めしますが、厳密に言えば使いどころを理解していないとメリットデメリットが発生してしまい、よりドツボにはまってしまう場合も御座います。

 

それに、あえて(絶対純水を使わないで維持するプラン)もありますので本来であれば私がこの様な場で簡単に導入を薦めるなり否定するなりする事は出来ません。

PROの現場での基本はあくまで他の水との使い分けです。

 

また、仮に結果的に純水を導入されるにしても最初の基本はご自身の地域特性を知ることが重要になります。

 

当たり前ですが、地域によって水の質は変わりますし井戸水もあります。

 

その固有の水質を素直に受け入れ、そして特性を知ることは最初の基準になりますし、基準を知るからこそ通常の水と純水やその他水との使い分けが見えてきます。

 

端折るので何を言っているか分からないかもしれませんが日本の水質等をカーディテイル目線で見ると。。。

 

その地域環境と合っていないこと感じることが多く。。。

 

特にあんな地域で純水を使えば逆効果であり、純水は向かないと思えるケースや、逆にそんな環境であるのなら、やはり総括して純水ベースが良い場合もあります。

 

そしてこれらの事は現在使用されておりますコート剤やメンテナンス剤等によっても回答が変わりますのでどちらにしても塗装との対話、そしてメンテナンスの質等をふくめた包括的に組み立てていかなくてはなりません。

 

とりあえず経済的ゆとりがあるのであれば導入されて色々と試して頂けることが一番だと思いますが、今回の本題で御座います、【純水が最強なのか?】とのご質問はNO!

 

当店の答えとして【水は塗装状態や求める結果等に合わせてケースバイケースで使い分ける】となります。

何が最強とかはありません!適材適所がカーディテイルのすべてとなります。

 

今回何度目になるか分からない因みに!ですが、純水本来の力を発揮させるには各種理解しておかないとならないルールやその他、必要な作業等がありますのでそれも知らないとなりません。

繰り返しますがこのご質問は講習内容ですのでご質問頂いてもご回答出来ませんので、しっかり検証されております各種純水販売業者様やPROショップに聞いて頂けます様お願い申しあげます。

 

まぁ、少しでも洗車のリスクを減らすと言う意味で言えば、私は昔から純水を使用することで野外での洗車が超難解から難解程度に軽減出来ると言ってきましたので上記通り、経済的ゆとりがあるのであれば導入して色々検証してみるのが一番かなと思われますし、条件が合致して質の高い純水であれば驚くような効果を感じる事もあるかと思います☆

逆に質が悪い純水がベストな事もありますので見極めが前提となります。

 

最後に!

 

これについて、私は水製造の専門家ではありませんので科学的なことは割愛致しますし特性を考えないのであれば他の選択肢等もあるのかもしれませんが、純水の場合、一定の水圧がないと生産効率等に関係しますので、使用される水道の水圧が重要になります。

 

ですのでホースに繋いだだけで簡単に100%の性能で純水が使用出来るとは限りません。

 

そしてこのお話路線で申し上げますと、安定した純水製造には電源が必用な加圧機が必用になる場合も御座いますので、ホース方よりも貯蔵方で運用される方が状況によっては敷居が低い&低コストと言え場合が御座います。

この低コストの純水導入方法は次期洗車マニュアルに記載をする予定です☆

当店では貯蔵方で運用しております。

 

もう何度因みにと言っているのか。。。

 

私はサービス精神旺盛なのか?

 

それは定かでは御座いませんが、更に申し上げますと。。。

 

純水製造の捨て水。。。

 

これも使い道がありますのでその意味でも結果的なコストは安くなります☆

 

興味がある方は今回出したキーワードで色々と研究をしてみて下さい☆

 

繰り返しますが、PROの現場では純水は欠かせない存在です。

 

ですが、純水をあえて使わないようにしたほうが良い塗装があったり等。

そもそも私達の業界の純水は容器に入れておくことも出来ないような超純水ではない、言わばナンチャッテ純水です。

 

 

水はすべて状況に合わせた使い分けが絶対的に必要であると言う事を知って頂ければと思います☆

 

 

 

 

 

それでは今回のブログの最後となりますが、常にあるご質問の2019年バージョンのご回答をさせて頂ければと思いますが、その質問内容とはこれ!!!

 

 

 

【次期洗車マニュアルの販売は何時頃ですか?】

 

 

と。。。

 

 

そしてこのご回答。

 

実はかなり難航しております。

 

理由と致しましてはネット社会になったことでの情報流出等の不正対策。

そして立場的な問題として、発言に制限が出てしまい、新しい言い回しや例を出さないとならなくなり作り直さないとならない箇所等々。。。

 

簡単に言えば避けられない大人の事情等によってある一定のところから全く先に進まなくなってしまった状態となっております。

これ、作者である私としては全部書きたいのに止められていると言う状況で私の意志ではありませんので悪しからずお願い致します(汗)

 

現時点で何時頃販売をするのかと言う事をお伝え出来ない状況に御座いますが、遅かれ早かれ必ず販売は致しますのでご安心下さいませ。

 

尚、現在販売されておりますマニュアルは新しいマニュアルが販売されたとしても継続販売する予定となっております。

 

その理由としては、現在販売されておりますマニュアルは基本中の基本的な内容であり、この内容を理解出来ないで塗装に触ってしまいますと【塗装に致命的な傷を入れてしまう】+【コーティング剤の大幅な性能低下】+【メンテナンス効率の大幅な低下】を招き入れてしまいます。

 

要するに既存のマニュアルは昔に製作したので、例えが古かったり、表現が分かりにくかったり、色々と抜けている所もあるにしても一番大事な本質箇所は次期マニュアルと変わらない非常に価値が高いマニュアルです。

新しいマニュアルのロープライス版の位置づけで継続販売を予定しております。

 

そして当店がこのマニュアルをオンラインで販売を開始してから早6年。

 

日本国内の本物のPROで当店のマニュアルを実践していないPROは恐らくいないと思います。

 

何故か?

 

それは塗装の事を考えてメンテナンス等を行う場合、【これしか方法が無いからであり、塗装と言う材質として物理的に回避できない内容】だからです。

 

唯一無二。

 

塗装の事を本気で守りたいのであれば、本来であれば何はともあれ当店の洗車マニュアルが重要であり、コーティング剤の選定なんて洗車マニュアルの大事さに比べたら天と地ほどの差が生まれるほどどうでも良いレベルとなってしまいます。

例えば。。。1000点満点でパワーバランスを評価をする場合、多少極端かもしれませんが、洗車マニュアルが1000点どころか1200点。次に欠かせないREBOOTが950点、コーティング剤が10点ぐらいと言いたいけれども。。。洗車マニュアルとREBOOTを使っている事をベースにした上での評価ではコーティング剤も300点まで跳ね上がる的なパワーバランスとなります。

 

当店ではこれまでメンテナンスであるREBOOTの存在を強く先に押してきたイメージがあるかと思われますが、コストを問わず、本気で塗装を守りたいと言われたお客様には全員にREBOOTに合わせてマニュアル購入を勧めて参りました。

スクラッチシールド、セルフリストアリングコート等の高弾性塗装のような一度でも傷が入れば、一度でも染みが入ればDIYでは実質的に完全修正が困難な塗装等であれば尚更。

 

今考えれば当時の自分を引っぱたきたい気持ちで一杯ですが、販売当初は、形ある物ではない情報商材と言うジャンルなだけに心のどこかで強く押し切れていない側面もありました。

 

 ですが、どんなパターンがあるにしても洗車マニュアルが不動な事実。

 

そして年末に販売させて頂きましたQUINの商品説明にも記載をさせて頂きました通り、既に次世代の正しいカーディテイルを理解されて久しいユーザー様も多くなって現在。

結果、現在QUINは大人気商品となりました☆

 

だからこそ。

 

【正しい塗装の触り方】を理解された上で【正しいケミカルを使って頂くこと】

 

これにより見えてくる最上級のカーディテイルの世界。

 

 

【ようこそGANBASSの見ている世界へ!!】

 

出来る事ならすべてのユーザー様にこの景色を見てもらいたいと、今では販売当時以上に強く思っている次第で御座います。

 

そしてそんな思いで生まれる当店の製品です☆

 

勿論、マニュアル内容を理解していない方や、DIYですので環境の問題、作業時間の問題等のマイナス要因が仮に多くても全員に一定の性能を出せる性能を秘めておりますのでご安心下さい☆

REBOOTなんて使わないこと自体、人生における汚点と言えるほどハイパーミラクルケミカルですので☆

 

 

以上のように。。。

 

本気で塗装を保護したい!!

 

コーティング剤の効果を伸ばしたい!!

 

メンテナンス効率をUPさせたい!!

 

是非、当店の洗車マニュアルをお勧め致します☆

 

そして基本を覚えたら必然的に何が大事であるか理解出来るようになります☆

 

REBOOTは当然のこと、メインメンテナンス剤であるオリジンPM-LIGHTなんて飲み水のようなほど当たり前に重要なケミカルであることに気が付くかと思います☆

 

そしてそして、これが理解出来るとコーティング剤なんてこれらが出来ていないと効果激減じゃん!!!

 

これに気が付きます!

 

ですのでこれに気が付いていない上での【コーティング剤の良し悪し】論争なんて。。。

 

敏感肌の子供に大人のクリーム塗って【ふざけんな!子供の肌が荒れただろ!慰謝料払え!】と大声でわめき散らす事と同じで、非常にナンセンスでそもそも評価出きるスタートラインにすら立っておりません。

汚れが乗っている状態でのコーティング性能評価をする場合、必然的に成分の種類及び、残留性、そして施工方法等だけになってしまい、正等な評価が難しくなります。

 

 

以上の事から、どうしてもコストの問題でマニュアルを購入をすることが許されないのであれば、とりあえずREBOOTからのスタートでも問題ありません。

 

むしろ、上記繰り返しとなりますが、車を綺麗にしたいと考えた場合、REBOOTを使わない時点で人生の汚点と言っても過言ではないミラクルケミカルですのでREBOOTだけ使っていればPROに何十万と定期的にコストをかけるより何倍も綺麗を維持することが出来ます☆

 

しかしながらそれ以上の上を目指そうと考えた場合。

 

当店の洗車マニュアルが必要不可欠となります。

 

どうしても皆さんコーティング剤に行きたがりますしその気持ちも理解出来ない訳ではありません。

 

ですがこれまでの説明&当店の各種ブログ記事等のWEB情報を見ればご理解頂ける通り。

 

違いますよね。。。☆

 

この言葉も何万回言ってきたのか数え切れませんが。。。

 

車の塗装とは、人の肌と同じで非常に繊細にも関わらず、人の肌と異なり、一切の自己再生を行いません。

 

大なり小なり一度でも入った傷は永遠に残ります。

 

だからこそ本当に塗装を保護したいと考える場合、守らないとならないルールがあり、そしてそのルールが守られた上で初めて100%生きてくる各種ケミカルとコーティング剤です!!

 

そしてこれは当店の製品に限る事ではなくすべてのケミカルとコーティング。

 

すべての塗装に当てはまります。

 

 

メインブログ等でネタを書く暇が取れなくなってしまい、具体的な記事を書けない日々が続いておりましたが、今回の事は例え具体的な事を書けなくても100%不動なることですので、情報の価値としては最高級なものである!

 

そう判断し、移動中と言う時間を利用して取り急ぎこのブログを書かせて頂きました。。。☆

恐らく現在の忙殺具合からしますと次語るのは当先になると思いますので。。。(汗)

 

ご参考になさって下さいますと幸いで御座います☆

  

それでは今後とも引き続き宜しくお願い申しあげます。

 

 

 

 

(追記1)

3月度は一年の中でTOPクラスでご注文が混みあう時期となりますので、近々ご使用予定がある場合、本当にお早めのご注文をお勧め致します!現在、私もスタッフも24時間体制で発送業務を行っているにも拘らず、ご発送まで最短でも2週間レベルですので本気でピンチな状態です!!お待たせして大変申し訳御座いませんがご理解頂けますと幸いで御座います。

 

 

 

 

(追記2)

最近、REBOOT等のメインメンテナンス剤やスクラッチレスクロス等、主要のケミカル以外の一押製品を教えてほしいとのご質問を多く頂きますが、先に答えを言ってしまえば何度もお伝えする通り、ケミカルは適材適所ですので、その塗装の状態によって異なりますし、不必要なケミカルは当店の中では1つもありませんし最適なケミカルも都度異なります。

 

ですが今回、カーディテイルのPRO業者様が好まれるケミカル品の中で、1つだけ人気ケミカルを上げるとしますと、タイヤクリーナーが大人気となります。

ganbass.net

 

その理由は非常に簡単です!

 

それは、場合によっては超高級なホイール、また繊細な足回り等と実質的に一体であるタイヤと言う存在です。

 

当然ですがタイヤ以外への攻撃性を如何に低く出来るか?

 

万が一の場合、大損害になりますので、PROの中では足回りだけは怖いからお客様に説明の上、仮に綺麗に落ちなくても中性以外は使わないと言う業者もいます。

 

そんな万が一の場合、致命的なことになる比率が高い足回りに【かなり安心してぶっ掛けられる汚れ落とし性能が高いアルカリクリーナー】。

 

意外と少ないかと思います。

 

ですので、タイヤクリーナーはPRO業者様から大人気で、大人気過ぎて昨年度も一度欠品して4リットルサイズが一時販売出来ない時期が御座いました。。。☆

毎年一回は必ず完全欠品になるほど大人気です!

 

もし足回りへのダメージが気になる!だけど中性洗剤では物足りないしそれなりに強い洗浄力がほしいと思う場合!

 

当店のタイヤクリーナ-は非常にお勧めです☆

人体にも非常に安全性が高い製品です☆

 

是非、ご参考になさって頂ければ幸いで御座います☆

 

 

 

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
GANBASSメインブログ
http://d.hatena.ne.jp/tktktaka/
カーコーティング専門店GANBASS実店舗HP
http://ganbass.com/
洗車用品専門店GANABASSショッピングサイト
http://ganbass.net/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆